新着情報|NEWS & TOPICS

メディア
【群馬】3/7(日)上毛新聞(26面)にメモリード所属 土屋良輔選手の記事が掲載されました

3/7(日)上毛新聞(26面)にメモリード所属 土屋良輔選手の記事が掲載されました。
 
▼上毛新聞記事(以下引用)
 

土屋良輔(メモリード)今季初V 男子5000

スケート長根ファイナル第1日目
 スピードスケートの長根ファイナル第1日目は6日、青森県のYSアリーナ八戸で行われ、男子5000メートルは土屋良輔(メモリード、嬬恋高出身)が6分24秒51で今季初勝利を挙げた。(中略)大会は2日間で、主要選手がシーズン最終戦として臨む。

終盤にミスも「希望持てた」
 惨敗続きの男子5000メートルで土屋良が会心の勝利。今期は1万メートルの国内最高を連発して独走しただけに、この種目でも待ちに待った1勝となった。「小さいミスで終盤のラップを崩して満足していないが、5000メートルも記録を出せると希望を持てた」とひと安心だ。
 1周(400メートル)を29秒台と速いペースで入った。これまでのレースから「爆発力」の不足を感じ、攻められるだけ攻める構えだった。ラスト4周でコーナーワークの足運びが乱れ、31秒台に落とした点は悔しがった。
 世界の長距離トップの共通項に「コーナーのリズムの良さ」を挙げる。自身も改良を進めて記録を伸ばしているが、2月の世界選手権1万メートルで更新された世界記録は「異次元」と感じるほど差があった。「まだ自分はコーナーで足が止まっている」と磨きを掛ける。
 根本は基礎体力、筋力の差とし、来季に向けて強化を進める。「(世界記録の選手は)フィジカルがすごい。それがなければ技術も最後の粘りも出せない。追いついて(北京冬季)五輪でメダルを奪う」と誓った。(田中暁)

 

土屋良輔選手についてくわしくはこちら>>

Posted on 2021.03.08, by スタッフ
  • ナンバーワン
  • 婚礼ガイドライン
  • 葬儀感染防止取り組み
  • ブランドメッセージ
  • 2021お盆
  • 2021年七五三衣裳
  • リアン×ちゃきちコラボ
  • オンライン葬儀
  • 供花・弔文・香典
  • 埼玉こども食堂
  • 東京感染防止徹底宣言施設
  • 群馬ストップコロナ認定店
  • 結婚式応援プロジェクト
  • 撮影ロケ地に使われました
  • 貸会場・撮影ロケ地
  • オンラインサービス
  • ライフストーリーズサロン
  • 終活サロン 館林
  • 館林メモリードホールオープン
  • 買取