新着情報|NEWS & TOPICS

社会貢献
【埼玉】8/7(日)、鶴ヶ島市で開催された『脚折雨乞(すねおりあまごい)』にメモリードも参加させていただきました。

8/7(日)、鶴ヶ島市で開催された『脚折雨乞(すねおりあまごい)』にメモリードも参加させていただきました。
この『脚折雨乞』は鶴ヶ島市脚折地区に伝わる降雨祈願行事で、4年に1度開催され江戸時代から続く伝統的な行事です。竹と麦わらで作られた重さ3トンにも及ぶ『龍蛇(りゅうだ)』が300人の男衆によって担がれ、神社から雷電池まで約2キロを練り歩きます。国の選択無形文化財に指定されたこともあり、会場には2万5千人を上回る見学者が詰めかけました。埼玉県知事をはじめ、ミャンマー大使夫妻など海外からのVIPもお越しになられ、盛大なお祭りになりました。今年は特に、関東地区で水不足が深刻化していますので、地域の皆様と一緒に切なる雨乞いの想いでメモリード社員も参加させていただきました。鶴ヶ島メモリードホールは救急看護施設として、開放したほか、駐車場の貸し出しなどで協力をさせていただきました。


脚折雨乞1


脚折雨乞2


脚折雨乞3


Posted on 2016.08.08, by スタッフ