選ばれてきた安心のあたたかいご葬儀
東京・埼玉・群馬のご葬儀はおまかせください

東京・埼玉・群馬

メモリードのお葬式(関東)

スタッフの想い

スタッフの想い
多様な想いをサポートすることも
大切な役割
群馬葬祭部 課長 1級葬祭ディレクター ・グリーフサポーター 角田ななえ
群馬葬祭部 課長 1級葬祭ディレクター ・グリーフサポーター角田ななえ
群馬葬祭部スタッフの想い

以前担当したお客様の話です。痴呆になってしまった高齢の女性が数日後、ご自宅近くの川辺で見つかりました。ご葬儀の際、喪主様が「母は利根川のせせらぎを聞きながら夏草の上で眠りました」とご挨拶されていました。お母様を想う温かいお言葉がとても印象的でずっと記憶に残っています。

ご葬儀を迎えるお客様にはそれぞれの「想い」がたくさんあります。亡くなられた故人様が遺した「想い」、喪主になられるご家族様の「想い」、ご参列される方々の「想い」、私たちはそのお客様ひとりひとりの「想い」を大切にしたいと思っております。

角田ななえ03

長くご葬儀のお世話をさせていただく中で、ご家族やご友人、その他にもたくさんの故人様に縁ある方々の「想い」は、悲しみだけでなく多様であること、そしてこの「想い」と折りあいをつけるには、長い年月を要することを感じておりました。私の仕事である葬儀プランナーは、そんな「想い」をサポートすることも大切な役割です。そのためにグリーフケア(悲しみのケア)をする「グリーフサポーター」の勉強をしております。グリーフケアとは、身近な人との死別を経験し、悲嘆に暮れる人をそばで支援することで、悲しみから立ち直れるようにすることです。グリーフとは、深い悲しみを意味します。ご遺族様が新しい環境に一歩踏み出していけるよう寄り添っていくのがグリーフサポーターの役割です。

葬儀プランナーとして担当するお客様へのグリーフケアだけでなく、打ち合わせや手配、通夜や告別式の当日、ご葬儀後、ご自宅へお送りするまでの一連のお世話の中でのケアのあり方や、ご葬儀後、お客様との接点を少しでも多く設けることなど、私たちのできることは何かを社内で話し合う機会を設けたりしています。
そして、ご利用いただいたお客様を長くサポートをしていける体制作りにも力を入れていくことも今後の課題だと考えております。「お葬式のお手伝い」から一歩踏み出したサービス。お客様の想いに寄り添い、お客様の人生に寄り添うサービスにこれからも努めていきたいと思います。

お急ぎのご依頼からじっくり検討する事前相談まで、
いつでもお電話ください

ご葬儀のことならメモリード関東におまかせください。

メモリード関東 0120-11年-3653 6 5日-2424時間

1年・365日・24時間対応!携帯電話からでもつながります。

わからないことやご不安なことはメモリード関東にご相談ください。

お急ぎのご依頼からじっくり検討する事前相談まで、いつでもお電話ください

ご葬儀のことなら
メモリード関東に
おまかせください。

1年・365日・24時間対応!

わからないことやご不安なことなど
メモリード関東にご相談ください。

【無料】いますぐ資料請求する