選ばれてきた安心のあたたかいご葬儀
東京・埼玉・群馬のご葬儀はおまかせください

東京・埼玉・群馬

メモリードのお葬式(関東)

お葬式のマナーと基礎知識

危篤・訃報の連絡を受けたら


突然の悲しい知らせは、心構えをしておこうと思っても、いざとなるとなかなか難しいもの。残念ながら、親族や知人の危篤・訃報の連絡を受けたときは、どんな行動を取り、どんなことに注意すればよいのでしょうか。ここだけは押さえておきたい、重要ポイントをまとめました。

 
 


危篤の連絡を受けたら

危篤・訃報の連絡を受けたら


 
 

危篤の連絡を受けたら
たとえ真夜中であっても、一刻も早く駆けつけるようにします。服装は、普段着や仕事帰りなど、平服でも構いません。緊急を要する事態ですので、お見舞いの品物は必要ありません。
遠方から駆けつける場合は、万が一の事態を考え、喪服を用意しておきます。ただ、病院で立ち会う際に喪服を着用していくと、ご臨終を待ち望んでいるようで不謹慎に受け取られます。バッグなどにしのばせ、ご家族の目に留まらないよう注意しておきましょう。

 
 

訃報の連絡を聞いたら

訃報を知らされたときの行動
訃報の知らせの電話を受けたら、まず電話口でお悔やみを伝え、確認事項を尋ねまず。
故人様の氏名、喪主、通夜・告別式の日時、場所、宗派など、電報を打つ際に必要な確認事項をなので忘れずに確認します。親しい親戚や、友人・友達の場合、訃報を聞いたらすぐに駆けつけ、手伝えることはないか申し出るようにしましょう。

 
 

<親しさの度合いと対応方法>

・故人様と親しい関係・・・通夜・告別式どちらも出席する
故人様と関係が深い方は、通夜・告別式ともに出席するのが一般的です。香典は通夜の時に持参し、告別式に行った時は記帳だけし「昨日も参りました」と受付で伝えます。

・故人様とさほど親しくない関係・・・通夜か告別式、どちらかに出席する
本来は、通夜・告別式ともに出席します。ですが、仕事など都合により告別式に出席できない時は、通夜だけでも出席するようにします。通夜に行けない場合、告別式には出席するようにしましょう。

 
 

弔問対応の仕方
取り急ぎ弔問に駆けつける時は、落ち着いた平服でも大丈夫です。ただし、派手な化粧は避け、指輪や装身具は外しておきましょう。
すぐに弔問にうかがえない時は、代理の人に弔問をお願いするか、葬儀の前日までに弔電を打ちましょう。香典は初七日までに、お悔やみの言葉を添えて渡すようにします。後日改めて弔問にうかがうか、お悔やみの手紙を書ききましょう。

 
 

お悔やみの言葉
お悔やみの言葉を述べる時は、「忌み言葉(いみことば)」を使ってはいけません。忌み言葉とは、「重ねがさね」、「度々(たびたび)」、「益々(ますます)」など、繰り返しを意味する言葉です。不幸が繰り返す、重なるといったイメージを持たれるので、葬儀の場では使わないようにします。また、故人様が亡くなった経緯や状況を尋ねることは、マナー違反なので避けましょう。

 
 

群馬県でのイベントはこちら

埼玉県でのイベントはこちら

2018年01月31日 / スタッフ

お急ぎのご依頼からじっくり検討する事前相談まで、
いつでもお電話ください

ご葬儀のことならメモリード関東におまかせください。

メモリード関東 0120-11年-3653 6 5日-2424時間

1年・365日・24時間対応!携帯電話からでもつながります。

東京23区内にお住まいの方はこちら

0120-32-0983おくやみ

わからないことやご不安なことはメモリード関東にご相談ください。

お急ぎのご依頼からじっくり検討する事前相談まで、いつでもお電話ください

ご葬儀のことなら
メモリード関東に
おまかせください。

1年・365日・24時間対応!

わからないことやご不安なことなど
メモリード関東にご相談ください。

【無料】いますぐ資料請求する