選ばれてきた安心のあたたかいご葬儀
東京・埼玉・群馬のご葬儀はおまかせください

もしもの時はすぐにお電話ください。1年・365日・24時間対応

東京・埼玉・群馬0120-1-365-24

東京・埼玉・群馬

さまざまな葬儀スタイル

お客様ひとりひとりに個性があるように、お葬式にもひとつひとつ個性があります。
心のこもったオリジナル葬から、ご家族でゆっくりと故人様を偲ぶ家族葬、そしてお世話になった方々を
会葬者としてお迎えする一般葬・社葬・お別れの会までメモリードではすべてのお葬式スタイルに対応いたします。
お客様のご希望に合わせたお別れのスタイルをお手伝いさせていただきます。

直葬(火葬式)

お通夜、告別式を行わず、火葬のみを行うシンプルなスタイルの葬儀です。火葬だけであっても大切な儀式であることにはかわりません。

メモリードでは、火葬の前に故人様に旅支度の装いを施し送り出す「納棺の儀式」をはじめ、故人様と最後のお別れをするにあたり感謝の気持ちを伝える場をご用意しております。

家族葬

ご家族様、ご親族様など近親者の方だけで行うお葬式です。参列者の対応に追われることが少なく、落ち着いた雰囲気で大切な方をお送りできます。進行や流れは一般葬と同じですが、少人数のためおひとり、おひとりの想いが反映しやすいのが特徴です。

小規模なので費用が少ないとは一概に言えず、会葬者が限定されるため葬儀費用を香典でまかなえない場合もございます。メモリードでは費用面、故人様のお仕事や状況などにより喪主様のご希望を伺いながら、最適なかたちの心のこもった家族葬をご提案いたします。

一般葬

ご友人や会社の方々など故人様の人生に関わった大切な方が参列されるお葬式です。形式や儀礼も大切にしつつ、たくさんの感謝の想いにあふれたセレモニーとなるよう、おもてなしの心をもってご会葬者をお迎えいたします。

ご会葬者の人数に合わせ、大小さまざまな規模の会場をご用意しております。多くのご葬儀を手掛けたメモリードだからこそのお葬式をご提案いたします。

オリジナル葬(自由葬)

宗教などの形式にこだわらない、自由なスタイルのお葬式です。式次第をはじめ、内容を自由につくり上げていくことができます。思い出の品や写真で偲ぶお葬式、たくさんのお花で故人様を囲む花祭壇、好きだった音楽でお送りする「音楽葬」など、さまざまなスタイルのお別れのカタチがあります。黙祷にはじまり、縁(ゆかり)ある方からお別れの言葉をいただき、焼香の代わりに献花を行う…など様々なことが考えられます。

自由葬をご希望の方には生前相談をおすすめしております。メモリードではご要望をお伺いし「あなたらしいお別れ」をプロデュースいたします。

社葬・団体葬・お別れの会

会社の代表や功績のある方に対して喪主・ご遺族様だけでなく、会社関係の方が関わる大型のセレモニーです。通夜・ご葬儀をご遺族様と会社が共同で行う「合同葬」と、葬儀と火葬をご遺族様側で済ませ、その後日を改めて、会社、一般の方をお呼びする「お別れの会」があります。故人様への哀悼・慰安という本来的の目的にとどまらない、企業にとって大きな意義のあるイベントです。

メモリードでは「大型葬・社葬」に関する特別な知識・技能に長けた専門スタッフが対応させていただきます。

社葬・団体葬の必要性

  • 感謝の表明

    社葬という形で会社として
    お世話になった方へのお礼。

  • 対外的に
    会社をアピール

    企業にとっての
    広報活動の場でもあります。

  • 会社の後継者
    新体制を披露する場

    新しい関係づけが
    できる場でもあります。

  • 企業の信用を
    高める事のできる場

    個々への対応によっては
    信用を深められます。

  • 故人様の交友関係を
    より深く洗い出せる機会

    再認識する事により会社にとって
    大きなメリットとなります。

すべての宗派に対応いたします

仏式

日本で最も多く、約9割は仏式で行われています。宗派によって異なりますが、一般的な葬儀の流れとしては、枕経からはじまり、通夜、葬儀・告別式、初七日法要となります。近年では火葬前に初七日法要を執り行う方がほとんどです。

また、仏式では僧侶が読経をし、お焼香を行うことが特徴で、数珠を用いるのも仏式だけです。

神式

日本に古くからある葬儀で、仏式に次いで多く行われている葬儀です。

神式では、通夜を通夜祭、葬儀は葬場祭(神葬祭)と呼びます。葬祭を司るのは斎主とよばれる神職で、僧侶の読経にかわるお祈りが祭詞のお祈りとなります。
仏式ではお焼香を行うのに対し、神式では玉串奉奠を行います。

キリスト教式

各宗派ありますが、プロテスタントとカトリックが多いです。本来キリスト教の葬儀には決められた形はありませんが、一般的な流れとしては、通夜(前夜式)と葬儀・告別式とあり、司式者は牧師(プロテスタント)、神父(カトリック)となります。

聖書の朗読、聖歌・賛美歌の合唱、お祈りなどを執り行います。
仏式のお焼香に対し、献花を行うことが多いです。

無宗教葬

宗教者を招かず、宗教で定められた儀式や形式にとらわれない自由な形の葬儀です。

故人様が生前好きだった音楽を流したり、生前の映像を上映したり、お焼香の代わりに献花や黙祷をささげるなど自由なスタイルで行えます。故人様の遺志やご家族の想いの元に内容を決めますが、親戚の理解やお墓の関係など諸条件をクリアしなければトラブルの原因となりますので注意が必要です。

お急ぎのご依頼からじっくり検討する事前相談まで、
いつでもお電話ください

ご葬儀のことならメモリード関東におまかせください。

メモリード関東 0120-11年-3653 6 5日-2424時間

1年・365日・24時間対応!携帯電話からでもつながります。

わからないことやご不安なことはメモリード関東にご相談ください。

お急ぎのご依頼からじっくり検討する事前相談まで、いつでもお電話ください

ご葬儀のことなら
メモリード関東に
おまかせください。

1年・365日・24時間対応!

わからないことやご不安なことなど
メモリード関東にご相談ください。

【無料】いますぐ資料請求する